初心者でも安心!人気のウォーターサーバー情報

自分に合ったウォーターサーバーを

水に少しだけこだわりを持ちたい人が増えています。そのために求めるのが天然水になっていますが、いろんな問題も生じてしまいます。天然水の2リットルボトルは冷蔵庫のスペースを埋めてしまうほどの大きさです。ペットボトルで天然水を求めたとしても、かさばることから結局スペースを取り、ゴミ出しが面倒になります。それを防ぐのがウォーターサーバーです。手軽に求める方法を見ていきましょう。

その前にウォーターサーバーのシステムを理解しよう

飲む水ばかりに固執してしまうのもウォーターサーバー選びです。ただしこれだけに集中してしまうと後悔することも多いです。サーバーを稼働するには電気が必要になり、常に必要としますので電気代が掛かります。またサーバーのメンテナンス費も求められます。そしてサーバーのレンタル料も必要です。またそれだけではなく水の配達料もあったりと、意外と維持費がかかってしまいます。

このようなウォーターサーバー独自のシステムを知っておかないと、後でこんなはずじゃなかったと後悔してしまうことになるでしょう。お試しに求めているわけですから、違約金にも注意するべきです。意外と見落としてしまう項目です。

手軽に求めたいのであれば違約金に注意

業者によって違いがありますが、1年もしくは2年継続しなければならない違約金システムを採用しているところが大半です。だからこそお手頃な価格で最初は利用できるようになっています。違約金が大きくなってしまうこともありますので、安易な選択は絶対に避けたいところです。だからこそウォーターサーバー独自のシステムを理解しておかないといけません。

電気代と維持費をトータルで換算するようにしましょう。またお試しで求めていますので、違約金がない業者は最適です。たくさんあるウォーターサーバー業者を水で判断するのではなく、サーバーの費用から違約金を含めて比較して選ぶことが大切です。継続して利用できることができる業者を選びましょう。

利用し続ける覚悟で選ぶ

お試しだったけれど利用してみて後悔し、返品するのも面倒です。ウォーターサーバーに興味を持ったからには、継続して使い続ける覚悟を持つようにしましょう。ウォーターサーバーを導入するために知っておくべきシステムから、部屋に配置しても邪魔になりにくいサーバーなど選ぶべき項目がたくさんあります。個人によって合っているサーバーを見つけるようにしましょう。

水質だけで選んでしまうと、継続することができないのもウォーターサーバーです。あくまでもトータルで自分に合っている製品を見つける努力をしてください。

用途によって選ぶことも可能

一人暮らしで健康志向が高い人で、ミネラルウォーターを活用したい人もいるでしょう。そのような方は通常のサーバーよりも卓上タイプの方が適しています。赤ちゃんがいる家庭であれば、ミネラルウォーターは小さい体には負担がありますので、ろ過したRO水がおすすめです。家族が多い場合はガロンタイプなど用途によって使い分けることが可能です。

料理にも使いたい人がいるはずです。日本の水は軟水であり、和食全般に軟水が適しています。硬水のウォーターサーバーが少ないことから、あまり気にする必要はありませんが、軟水を求めることで用途を増やし、おいしい水を活用することができるでしょう。

おいしい水を飲みたい場合

お試しだからこそ、おいしい水を飲みたい気持ちもあるはずです。天然水やミネラルウォーターといってもいろんな種類があります。採水地も違うことから、好みもあるでしょう。現在は西日本の水が好まれる傾向にあります。そのような観点からも選ぶと良いです。

水素水にこだわりたいのであれば、非加熱の天然水をおすすめします。高品質の水になり、まろやかの水本来の味を堪能することができるでしょう。ミネラルウォーターといっても、非加熱と加熱にわかれます。非加熱の方が品質が高いですので、メーカー側も強調してアピールしていることからわかりやすいです。水を楽しみたい方はお試しであったとしても、非加熱の天然水を求めることをおすすめします。

基本の3か条

一番お試しで強調したい選ぶべきウォーターサーバーの基本3か条があります。サーバーレンタル料無料と、メンテナンス費が無料、そして配達料が無料であれば、お試しで使うことに値する業者です。この基本3か条があれば、大抵満足することができます。水質の違いはあるでしょうが、基本は水道水よりもおいしい水になりますので、不満はないはずです。使い続けるには最適の3か条になることから、これを守って比較すればお試しで使いやすくなるでしょう。

違約金は大きな負担になります。1年や2年という期間はあっという間に過ぎてしまいますが、気に入らないサーバーと一緒に過ごす期間は長くなるでしょう。そのようなことにならないためにも、最初から使い続ける覚悟をもって、自分に合ったウォーターサーバーを見つけてください。